メニュー

関節リウマチの診断と治療

 

関節リウマチは、関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患で、自己免疫疾患の一つとされています。

人口の約1%弱で発症するとされていて、30~50代の女性に多い疾患とされています(男女比 約1:3~4)。60代以降でも発症することもあります。はっきりとした原因は不明ですが、遺伝的要因と、喫煙や歯周病、感染症などによる環境的要因が発症につながると言われています。

421493445202

関節リウマチの初期症状として、関節の痛みや腫れ、朝に手を握ることが困難になったりする「こわばり」があります。一般的には関節の痛みや腫れは手足の小さい関節に左右対称に起きるとされていますが、一つの関節の症状だけでも関節リウマチと診断されることもあります。関節の痛みや腫れ、朝のこわばりなどがありましたら、早めにご相談ください。

診断・治療

当院では血液検査のほかにレントゲンや超音波等による画像検査にて、関節リウマチの診断をします。関節リウマチによる関節破壊は発症から短期間で進行しますので、早期に診断・治療をすることが関節変形の予防や疾患活動性のコントロールに重要になってきます。気になる症状があるときは、一度詳しい検査を受けることをおすすめします。

治療は薬物療法による治療が一般的となっています。以前はリウマチの進行は止めることができず、ただ痛みを抑えるだけの治療でありました。しかし近年メトトレキサートなどの抗リウマチ薬や生物学製剤の登場で、痛みをとるだけの治療から寛解を目指す治療へと変化しました(寛解とは炎症や自覚症状のない臨床的寛解、関節破壊の進行を完全に抑える構造的寛解、身体機能を維持する機能的寛解の3つからなります)。

メトトレキサートなどの抗リウマチ薬は内服による治療がほとんどですが、生物学製剤は点滴・注射などで治療することがあります。生物学製剤にはいろいろな特徴(投与間隔や投与方法など)がありますので、一人一人にあったやり方をご相談させていただきます。

薬物による治療には残念ながら副作用(肝機能障害や口内炎、胃腸障害、間質性肺炎など)があります。また長期の治療により薬の効果が減弱してしまう場合もあります。当院では血液検査や画像検査などを行い、適切な経過のフォローをすることで、合併症の早期発見、対処にも取り組んでいきます。

関節の痛みや腫れ以外にもこんな症状がある方はご相談ください

  • 朝になると手が曲げにくい、こわばる         
  • 手の指がむくむ、指輪が外しにくい
  • 微熱が続く
  • 食欲がない、体重が減った
  • なんとなく気分がすぐれない朝のこわばり
  • パジャマのボタンが外しにくい
  • 家の鍵が開けにくい
  • 歯ブラシが持ちにくい
  • コーヒーのふたが開けにくい
  • TVのリモコンが押しにくい
  • 朝食を作るときに違和感を感じる
  • ドアノブが回しにくい
  • 靴ひもやリボンが結びにくい
  • ハサミやホチキスが使いづらい
  • おはしが上手に使えない
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME