メニュー

糖尿病について

私たちが生きていくための重要なエネルギー源としてブドウ糖はなくてはならないのですが、多すぎてもよくありません。糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。インスリンとは膵臓からでているホルモンで、健康な人はこのインスリンの働きによって血糖値が一定の範囲で保たれています。

「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。

「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。生活習慣病の代表とされる糖尿病もこのタイプになります。

糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。健康診断等で糖尿病といわれても、自覚症状が乏しいため、放置される方も見受けられます。しかし、自覚症状が出たときには合併症が進んでいることもあるため、早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリン等の注射による薬物療法による3本柱で治療を行ってまいります。長期に付き合っていかなければいけない疾患ですので、それぞれの生活にあった継続しやすい治療を相談させていただきます。

Ⅰ型糖尿病など入院による血糖コントロールが必要な場合もございますので、その場合は、信頼のおける医療機関と連携して治療を行います。

こんな方はご相談ください

  • のどがよく乾く、よく水を飲む
  • 尿の回数が多い、量が多い
  • 疲れやすい
  • 体重が増加している、または急激に減少している
  • 怪我が治りにくい
  • 足がよくつる、しびれる
  • 手足が痺れる、痛みなどの感覚が弱くなった
  • 目がかすむ、見えにくくなった

AC_健康053

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME