メニュー

院内検査機器のご紹介

1 血液検査関連

桜が丘内科クリニックでは、患者様が複数受診されるご負担を少しでも減らせますように、一般的な血液検査項目(貧血、肝機能、腎機能、コレステロール、ヘモグロビンAⅠcなど)の検査は、院内で全て行う体制を整えておりますので、受診日当日に結果説明が可能です。※特殊な検査項目については、委託検査会社にて行います。

 

自動血球検査装置(LC-660)

血球計数測定装置

白血球や赤血球、血小板などを測定する装置です。

貧血や感染症が疑われるときに検査を行い、約60秒で結果が判明します。

 

 

 

臨床化学分析装置(FDC7000Z)

肝機能や腎機能、コレステロール、血糖などの測定が行えます。

15分前後で検査結果が得られるので、当日に結果説明が可能です。

 

 

 

 

 

 

糖尿病検査機器(SHD DCAバンテージ)

 

糖尿病の重要な指標であるヘモグロビンA1cや微量アルブミンを測定する装置です。

約6分と短時間で検査ができるので、糖尿病患者様の今の状態を知るのに、非常に有用です。

 

 

 

 

 

2 尿分析機(SHD クリニックステータスプラス)

クリニテック ステータス プラス

尿の状態を10~15分の短時間で判定します。

健診等での尿検査から膀胱炎などの診断にも利用されます。

 

 

 

 

 

 

 

3 レントゲン検査(X`syPro Apack)

02

胸部や腹部、骨のレントゲン撮影に使用されます。

肺炎や腸閉塞、骨折などの診断に有用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 超音波検査装置(FUJIFILM FC1-x)

「富士フイルム FC1-x 画像」の画像検索結果

 

 超音波による画像診断装置です。

 当院では主に関節リウマチの評価に使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

5 骨密度検査装置(A-1000EXPⅡ)

 

 足のかかとを利用して骨密度を測定する装置です。

 超音波による検査なので、痛みもなく最短10秒で検査が終わります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME