メニュー

糖尿病について

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、「血糖値(血液中のブドウ糖濃度)の高い状態が慢性的に続く病気」のことを言います。ブドウ糖は私たちの体を動かす重要なエネルギー源として無くてはならないものですが、多すぎてもよくありません。この血液中のブドウ糖の量(血糖値)を一定のレベルに調節しているのが、膵臓から分泌されるホルモンである「インスリン」です。健康な人は、インスリンの正常な働きにより血糖値はほぼ一定の範囲に保たれていますが、糖尿病の人は、インスリンの作用不足(インスリン分泌不全またはインスリン抵抗性)により血糖値が高い(通常より血液中のブドウ糖が多くなっている)状態が慢性的に続いてしまうのです。

糖尿病の分類

糖尿病には、大別して「①インスリン依存型(I型)糖尿病(通称1型糖尿病)」と「②インスリン非依存型(II型)糖尿病(通称2型糖尿病)」の2つのタイプがあります。生活習慣病の代表である「2型糖尿病」は糖尿病患者数全体の95%以上を占めています。

どうして糖尿病になるの?

2型糖尿病の発症原因は、大きく遺伝因子と環境因子によります。遺伝因子とは、両親や兄弟が糖尿病であるという遺伝体質のことです。また環境因子とは、・肥満・過食・高脂肪食・運動不足・ストレス・喫煙などです。これらの因子が重なって、糖尿病は発症すると考えられています。

◆生活習慣チェック◆

糖尿病になりやすい要因が隠れていないか、自分の体の状態や生活習慣をチェックしてみましょう!

□ 40歳以上である

□ 両親や祖父母、きょうだいに糖尿病の人がいる

□ 太っている

□ つい食べ過ぎてしまう

□ 運動不足

□ ストレスが多い

※あてはまる項目が多い人は、生活習慣の見直しが必要です。

糖尿病の症状

糖尿病になっても、初期の段階ではほとんど症状は現れません。しかし、長期にわたって高血糖の状態が持続すると、様々な症状があらわれてきます。適切な治療をせずに放置していると、少しずつ血管や神経に悪い影響を及ぼし、身体のいろいろな部分に合併症を引き起こします。糖尿病でこわいのがこの深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)で、最悪の場合は死に至ります。

健康診断等で糖尿病といわれても、自覚症状が乏しいため放置される方が多々見受けられます。しかし、初期症状が乏しいということは、自覚症状が出たときには合併症が進んでいることも考えられます。糖尿病には早めの治療・対策が必要です。

このような症状の方はどうぞお早めにご相談ください

以下は糖尿病の主な症状です。ご不安な方はどうぞお気軽に当院までご相談ください。

  • のどがよく乾く、よく水を飲む
  • 尿の回数が多い、量が多い
  • 疲れやすい
  • 体重が増加している、または急激に減少している
  • 怪我が治りにくい
  • 足がよくつる、しびれる
  • 手足が痺れる、痛みなどの感覚が弱くなった
  • 目がかすむ、見えにくくなった

 

当院の糖尿病治療について

どんな治療が必要?

糖尿病かどうかを調べるには、病歴や家族歴などの問診、全身状態の確認と、血液検査(当院では当日結果説明が可能です)をおこないます。血液検査で調べた血糖値の結果などから、高血糖が慢性的に続いていることが証明された場合に、糖尿病と診断されます。

糖尿病治療の目的は、「血糖などを良好にコントロールすることで、病気の進行や合併症を予防し、健康な人と変わらない生活を送るようにすること」です。当院では、①運動療法 ②食事療法 ③内服薬やインスリン等の注射による薬物療法 による3本柱で治療を行ってまいります。血糖コントロール目標値は症状や年齢などによって異なりますので、おひとりおひとりとお話をじっくりと伺いながら設定していきます。糖尿病は、長く上手に付き合っていかなければいけない疾患です。無理のない継続しやすい治療方法をいっしょにご相談しながら考えてまいります。

また、Ⅰ型糖尿病の方など、入院による血糖コントロールが必要な場合もありますので、その場合は、信頼のおける医療機関と連携して治療を行っていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME