メニュー

こんなときだからこそ、患者さまの安心安全のためにできることを

[2020.05.22]

桜が丘内科クリニック院長の關です。

お久しぶりの記事となってしまい申し訳ありません。ホームページのコンテンツの中でも院長ブログを読んでくださる方が多く、つたない文章にも関わらず感謝申し上げます。

さて、国から発令された緊急事態宣言を受け、新型コロナウイルス感染防止に伴う不要不急の外出自粛や、テレワーク(リモートワーク)の導入に、子どもたちの学校の長期休校など、急激なライフスタイルの変化にとまどい、感染防止策に気を配り、これまでに経験をしたことの無いような日々をお過ごしのことと思います。

かくいう私もそのうちの一人にあたります。

 

新型コロナウイルスが騒がれはじめてから、当院でも様々な取り組みを行ってまいりました。

● 職員のマスク・ゴーグル・フェイスシールドの着用、手洗い消毒の徹底

● 待合室・診察室・処置室・多目的室の十分な換気や待合室の椅子の間引き

● 発熱や風邪症状の患者様と定期通院の患者様との院内での動線分離

● 各診療が終わり次第、椅子・手すり・ドアノブ・スイッチ類の即消毒

● 受付でのビニールシートの設置 など

 

 

当院スタッフ全員(受付事務、看護師、臨床検査技師)が知恵を出し合い、

「新型コロナウイルス感染を心配し、受診をためらわれている方に少しでも安心してご来院いただきい」

その一心で、試行錯誤しながら臨機応変に対処しています。

「自分が患者さんだったら?患者さんのためになることをしよう!」

常にその視点を持ち続け、働いてくださるスタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。

また、患者さまにおかれましても、特に風邪症状でお困りの患者さまには、受診時間の調整や場合によっては院外・玄関での待機など、ご不便をおかけしているのにも関わらず、上記のような当院の院内感染防止に向けた徹底した取り組みに、多大なご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 

新型コロナウイルスは未知のウイルスであり、比較的感染状況が落ち着いてきている現在でも、いまだに感染のリスクはあり、患者さまも非常に心配されていることと思います。

特に高齢者・基礎疾患をお持ちの方が新型コロナウイルスに感染すると、重症化する可能性が高いことも指摘されてきております。そのため、通院の際に感染することを懸念し、治療自体を中断してしまうケースもしばしば見受けられます。

しかし、治療を中断することで、基礎疾患が悪化し、本来なら避けられた合併症の発症や、万一新型コロナウイルスに感染してしまった場合、より重症化のリスクが高くなってしまうことなども、同様に心配しております。

そこで、当院では、これまで定期的に通院され、懸命に治療を継続されていた方の治療が中断されてしまうことがないように、

● 電話再診、電話での処方箋発行

● 多目的室(隔離室)の利用

● お車内での待機(場合によっては診療)

● オンライン診療導入(準備中) など

できる限りの対策を講じて、みなさまの健康を守るお手伝いをさせていただきたいと考えています。

 

このような最中にも関わらず、マスク等の物資のご援助をいただいたり(本当にありがとうございます。大切に使わせていただきます)、励ましとねぎらいのお言葉をいただき、スタッフ一同、日々の診療にあたる原動力となっております。とても嬉しいです。

 

「患者さまの声をよく聞き、ご希望に沿った医療のご提供を心掛がけていく」

今後、地域医療における診療のかたちや常識が変わったとしても、開院当初に掲げたこの理念を決して曲げることなく、患者さまの心に寄り添いながら、粛々と真摯に診療に取り組んでまいる所存です。

最後となりましたが、一日も早い事態の収束を願ってやみません。

少しずつではありますが、好転の兆しも見られます。あともう少し。一緒に頑張ってまいりましょう。何かお困り事等ございましたら、桜が丘内科クリニックまでご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME